離乳食と便秘とはいっても、離乳食と便秘はとても関係があるになりますね。母乳や粉ミルクを飲んでいたたまには便秘になったことがなかった赤ん坊も離乳食を始めてから便秘に至ったといった話はよく効きます。離乳食もバランスよく食べさせてあげる事で便秘の解消となるはずですが、特に離乳食の回数を増やしていくと水分をあまり採らなくなって、便秘になりがちなそうですから、離乳食の時にはお茶などの水分を上げるなさってくださいね。 また便秘解消の為にも、離乳食はバランスよく食べさせてあげるようにして、穀類と豆類、イモ類が離乳食の基礎だといえるでしょう。夏場でも冷たいものばかりを食べさせるものではなくて、便秘になりにくい体質にしてあげるためにも、体が温まるような離乳食や、食物繊維を沢山含む離乳食を食べさせてあげるようにすれば良さそうですね。また食事の時以外の水分補給も小まめに上げるようにしますができればお茶にしてくださいね。ジュースなどは虫歯の原因にもなるので便秘の解消に水分を与える際にはお茶やお水をあげるようにしたいものです。細かいことまでかんがえて離乳食を作るというのは大変なことかもしれませんが赤ン坊が便秘にならないためにもいろいろ工夫してあげましょう。