年収の3分の1以上の借入は総量規制対象外のカードローン

消費者金融でお金を借りる場合には総量規制があるので、年収の3分の1までしかお金を借りることができません。
例えば、年収が300万円の場合には100万円までしかお金を借りる事ができません。
また、新規で50万円以上の借入や合計の借入が100万円以上の借入の場合には、所得証明書が必要になります。
総量規制の対象になるのは消費者金融だけではなく、信販会社、クレジット会社もなります。
総量規制の対象外になるのは銀行などになります。

銀行なら総量規制対象外のカードローンなので、おまとめローンにも最適です。
銀行は金利も安いので支払う金利分の支払を減らす事ができ、複数ある借入を一つにまとめる事ができるので、借金の管理がしやすくなります。

消費者金融の借入は総量規制の対象になりますが、おまとめローンとしてお金を借りる場合には例外として、年収の3分の1以上の借入が可能になります。
ただ、銀行と比べると金利は高くなるので、一つにまとめてもそれほど支払い合計を減らす事ができない場合もあります。

総量規制は借り過ぎを減らすために作られたものなので、借り過ぎには気を付けましょう。